• atoriumu

寒肥

今年も寒肥の季節が来ました

現在、木は休眠していますが

有機質肥料は、今のうちに埋め込みます

肥料分は、毎年植物の成長に吸収されたり

雨によって流されてりしています

毎年施すほうが、良いと思われます

有機質肥料の特徴としては、即効性がなく

緩効性です

1月施した養分が土中に蓄積され

3月の活動初めに必要とした養分が

スムーズに吸収することができます

写真は、30cm深さ4か所に埋め込んでいる壺肥という

手法です他にも色々な手法があります。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示